.

JSA(関節運動学的アプローチ)をおこなう滋賀県近江八幡市の鍼灸院が首から肩にかけての痛みで困っている患者さんにした治療とは!!

こちらの患者さんは定年後デイサービスの送迎のお仕事に就き、週に5日されているのですが人を預かるだけに運転中とても安全に気を使われているようです。安全確認のため何度も何度も前後左右に首を動かされているようなのですがその頻度があまりにも多いためか、他のお仕事を手伝っているためなのか、だんだんと首が回らなくなってきたそうです。

当然、運転の仕事にも支障をきたしてきますし日常生活内でもちょっとした動作のたびに痛みが出るようになってきたようです。普段あまり運動などもされていないようで体はとても筋肉質なのですが硬さがあり、とくに肩周辺の可動域も狭い方でした。

首の動きをかばっているため背中や肩の至るところに筋肉の緊張が見られ見られました。

まず、いつものように仙腸関節や腰仙関節を緩め、肋椎関節の動きを出していきました。左右差もありとても硬かったのですが少しずつ緩んでくると肩関節の可動域も少しずつ良くなりました。その後、頸椎や環椎後頭関節の動きを出していくのですが はじめの頃はなかなか脱力することも難しい状態でした。5回ほどは毎週通院していただき本当に氷が溶けるようなゆっくりとしたペースでしたが少しずつ可動域が広がっていきました。
動きが良くなるとご自宅でも体操などご自身でのケアもしていただけるようになり今では治療前に比べるとずいぶん首の可動域が広がり、ご本人も実感されています。

まだしばらくは、お仕事を続けるそうですので治療に通い悪くならないように維持して頂くことの大切さも理解されています。
お仕事面当然ですがお孫さん達と遊ぶのにも体の痛みが気にならなくなり 大変喜んでいただけています。

佐藤 守彦①
佐藤 守彦②