.

JSA(関節治療)も行う滋賀県 近江八幡市の鍼灸院が『慢性肩凝りを何とかして!!』と悩む患者さんに行った治療とは!

こちらの患者さんもよつばはりきゅう院の前身となる さとう鍼灸院からの患者さんで 5年以上通って頂いており、現在でも月に1度は定期的に通院されている患者さんです!

勤務されている施設では夜勤もあり不規則な生活で、利用者さんが徘徊されないか?転倒してケガをされていないか?など常に気を張っているので精神的にも疲れますし、睡眠時間もゆっくりとれなかったりして身体のストレスもかなり溜まっており慢性的な肩こりや背中の張りを訴えており悩まれています。

職業柄介護職ということで、常に利用者さんの動作を介助したり、入浴介助など力の入るようなお仕事も毎日されています。性格的にも責任感がとても強く神経質な方なので 常に緊張されていてなかなかリラックスされていないようでお身体はカチカチです。

この患者さんへ行っていった治療は、まずは中腰になったり前傾姿勢が多いために硬くなった腰仙関節や仙腸関節の動きの改善から行いました。この動きが悪かったために腰部の筋肉の緊張がとれにくく、その負担が背部にまで影響し肩甲骨の動きも悪くなり、肩甲骨に関係する筋肉も硬くなってしまってるという悪循環が起こっていたからです。

次に、肋椎関節の動きを改善し肩甲骨や首に関わる筋肉の緊張を緩めると手を上げたり、回したりする動きがとても良くなりご本人もとても驚かれました。座っている時の姿勢も自然と良くなっていたので、これが改善されるだけでも毎日の蓄積を考えるとずいぶん疲労感は変わっていくはずです!!

最後に頚部の治療を行いました。デスクワークの方にも多いですが、背中が丸まっていることで首がストレートネックになってしまっていることが多々あります。こうなると少し上を向いているようなアライメントになって固まってしまいます。
真っすぐ前を向いているつもりでも少しアゴが上がってしまっていたりする…心あたりのある方はいませんか?要注意です!!

頭の骨と1番上の頸椎の間にある、“環椎後頭関節”と呼ばれる関節の動きを改善すると頭も軽くなりますし、目もスッキリして物がはっきりと見えると驚かれる方も多々おられます。

この患者さんもずいぶんと長年、無理をして頑張ってこられたのでご本人が気付いてないところまで悪くなっていましたが、せっかく良くなった状態を維持していきたいと言って頂けもう5年以上、少なくても月に1度は治療に来られています。

毎回、楽しいお話なども聞け 治療と同時にリラックスできる場にして頂けてることが何より嬉しく思います。
身体の治療だけでなく、心の治療も同時に提供できる治療院を今後も目指していきたいと思います!!
内山 裕見子