.

今日から6月ですね!気象病ってご存知ですか?

この時期、やる気が出ない…。調子が悪い…。という事ありませんか?
それって【気象病】かもしれません!

6月頃から日本の広い地域で、梅雨のシーズンに突入します。
ムシムシと湿度が高く不快な思いをする日もあれば、突然気温が低い日もある…。
             
梅雨は、体調を崩すだけでなく、プチうつ状態になってしまうことも。
特に多くの人を悩ませているのが、体調の変化。なんとなくやる気が出ない…。調子が悪い…。と
感じた事はありませんか?

天候での気温や気圧、湿度などの気象条件の変化が、様々な症状の変化の引き金になる病気は【気象病】と
呼ばれ、実はれっきとした学術用語なのです。
なんとなく体調不良を感じる原因は、季節の変わり目に頻繁に起こる“気圧の変化”や“気温の変化”なのだそうです。このような気象要素が、体や心にストレスをもたらすものを総じて【気象病】といいます。

梅雨時期は、晴れと雨を頻繁に繰り返す天気となります。
つまり、日ごとの気圧の変化が激しいのです。また、肌寒かった翌日、真夏のような暑さになるなど、
気温差の激しい時期でもあります。このような“気圧の変化”や“気温の変化”は身体にとって大きなストレスになります。

この天気によるストレスに、日常生活で感じる精神的ストレスが加わって、“自律神経の乱れ”を引き起こすのです。
自律神経が乱れると、「やる気が出ない」といった心の不調だけでなく、「手足が冷える」「肩がこる」「体がだるい」「頭が痛い」「腰が痛い」など、体にも不調が出てきます。

その他、関節の動きが悪くなることも原因の1つです。関節の周りには関節包という袋で覆われていて、
その中には潤滑油の役割をしている滑液と呼ばれる液体で満たされています。本来、この中は一定に保たれているのですが、気圧や湿度の変化でこの状態も微妙に変わってしまいます。その為、関節の動きが悪くなり知らず知らずに余分な力を使って動いているので体も疲れやすく、だるさを感じてしまう訳なのです!!

当院の治療ではこの関節の働きをもとに戻し、本来の滑らかな動きにする事で筋肉の緊張や
体の痛みを取る事を目的としています!
疲れを溜め込んだままだと、暑い夏がやってきた時には体はバテバテ状態です。
そうならない為にも今から治療を始めましょう!!
お心当たりのある方は、是非一度ご連絡ください!!