.

『1秒でもいいので痛みから解放されたい。』と腰痛で苦しむ患者さんに行ったJSA(関節治療)とは!!

こちらの患者さんは70代の女性ですが ずいぶん長い間、腰痛で苦しんでおられました。

初めてお電話で問い合わせがあった時、力のない声で色々と症状治療のやり方や、本当に良くなるのか?
などとても細かいことまで質問してこられたので、相当悩みが深いと思っておいました。

その後、来院された時は足を引きずっておられ体はくの字に曲がっているような状態でした。

口に出さないと我慢していてもとっさに痛い痛いと口にされるほどとても痛みを我慢されていました。
問診を通して色々とお聞きする中でご自身がこんなに痛い思いをされているのにも関わらず常に家族の事や
お孫さんの心配ばかり口にされていました。家庭の事情もあり 家事などは全てこの方がされていたので自分が
やらないといけないという責任感がとても強く ずっと無理をされ続け徐々に悪化した状態でした。

治療するにあたりベットへ横になってもらうのもやっとの思いでなっていただくほど痛みが強かったのですが、
痛みの出ている所が腰仙部に集中していたので なんとかなるかなという自分への期待と、絶対にこの痛みを
とってやろうと強い思いで治療に臨みました。

とりあえず患者さんからは『1秒でもいいからこの痛みから解放されたい!』と何度も何度も口にされていました。

常に前傾姿勢を取っていた負担も重なり、硬くなった腰仙関節を氷を融かしていくかのように緩めていき、胸椎や腰椎の
椎間関節の動きも少しづつ緩めていきました。途中、体位を変えてもらう際に寝返りを打ってもらったのですが、幾分か
楽そうに見えました。

左右の治療が終わり、座って貰った時には私も驚くほどスムーズな動きになっていました!!

ご本人も何が起こったのか、分からない様子でしたがとにかく喜んで頂けました。
マッサージ的なことも鍼灸治療も全くせずに、これだけの変化が出せたのはJSAの素晴らしさです。

こうして初回の治療終了時には体がまっすぐと伸ばすことが出来るようになりご本人もかなり驚いておられました。それ以降こちらがご提案するように来院もされており症状はどんどん回復されて今では 腰周囲の違和感が残る程度になったので 再度、悪くならないためにも定期的に来られています。自分自身も改めて腰仙関節や仙腸関節の動きの重要性に気付かされた患者さんでもありました。

今後もご本人のためご家族のためにしっかりと治療してサポートさせていただきたいと思っております。
蒲生 敏子①
蒲生 敏子②