.

60代女性 手術を勧められた変形性股関節の痛み

こちらの患者さんは股関節の痛みで整形外科を受診されレントゲン写真を見るなり
“変形性股関節症”だからという理由で手術を勧められたほどの患者さんです。

ご自身の中では診断に納得がいかず、でも痛くて仕事どころか歩くことも出来ない
現状にどうしていいのか分からず他の病院へ行こうか悩んでおられました。

そんな時に当院のチラシを見られ、思い切って受診されたのが始まりでした。

初診時は、かなり痛みも強く足も引きずるように歩かれていたのを覚えています。
てきだしこの先まだまだやりたいことがあるのに、股関節をかばっているうちに、
膝にも痛みを感じるようになり、思うように出来ない事の不満や不安をかかえられて
いるのがとても伝わってきましたが、お話を聞いている中で“手術をしたくない”という
思いがとても強い患者さんで何とか力になりたいと思いました。

手術がダメだとは全然思いませんが、患者さんとして年齢的な体力な不安や術後の心配、
家庭の事情でできない、したくないという方は沢山いらっしゃいます。

当院でもこういった悩みで手術を勧められながらも、継続的に治療を続けられ痛みが
軽減している患者さんも数名いらっしゃいます。
変形した骨の形状が戻る訳ではありませんが、痛みの原因は変形していることのほかにも
あるということです。まさに当院が得意とする関節の機能改善で症状は変化出来るのです!
話が、大きくそれてしまったので患者さんの話へ戻します。

ということで、こちらの患者さんも股関節だけでなく腰や膝など負担をかけてしまっている
関節の動きを元に戻し、硬くなっている筋肉の緊張を鍼灸治療も使いながらとっていき、
自宅でも出来る範囲のストレッチなどもアドバイスさせて頂き取り入れて頂きました。

4回目の治療では歩くことが楽になっている実感があると言われ、日常生活でもスムーズに
動けると喜んで頂けるようになりました。

現在でも月に2,3回のペースで通って頂いてますが、表情もとても明るくなられ、治療中には
『こんなこともしていいですか?』『あんなこともやったら足にいいですか?』とこちらが
ストップをかけるほど意欲的にいろんなものをと入れて頂いています。

完全に変形性股関節症が治るというのは現実問題として難しいと思いますが、少しでも長く
不自由なくご自身の力で動き回って頂きたいですし、そのために全力でサポートさせて頂きます!