.

腰痛・坐骨神経痛 60代男性

こちらの患者さんは長年、腰痛と坐骨神経痛で悩んでこられました。
臀部から下肢にかけての痛みやだるさが特にひどく、姿勢を正して
歩くこともできませんでした。

臀部の梨状筋などの外旋筋群が緊張することで坐骨神経を絞扼して
しびれなどが出る場合がありますが、腰仙関節との治療を併せて行うと
症状の改善がよりみられます。

まだまだ、症状に波があるのでこれからも症状に合わせて治療を行っていきたいと考えています。