.


テニスのストロークを繰り返し行うことで その衝撃が手首や肘の内・外側に伝わり 付着している筋肉が微細な損傷を起こしたり 関節で炎症を起こす症状で“上腕骨内側上顆炎”“上腕骨外側上顆炎”とも言われています。

好発年齢は30代後半から50代とされており 安静時に痛むことはありません。
整形外科では 発生機序にテニスは関係なく 特に肘の外側の痛む症状にたいして この診断名を付けることもあるようです。


テニス肘が発症しやすい方の生活習慣はありますか?
テニスのストロークで バックハンドを繰り返し行うと肘の外側(外側上顆)を痛めやすく フォアハンドを行うことで肘の内側(内側上顆)を痛めやすい。


テニス肘に対する当院の施術方法




負担がかかっている筋肉の緊張を緩め 肘関節だけの問題ではなく肩や手首へJSA治療(※1)を行い関節の働きを良くし 肘関節への負担を軽減させます。

症状によって はり灸治療も行います。
※1:関節の動きを良くする治療法です




テニス肘のセルフメンテナンス方法
痛みがある場合は 炎症が関係していますので まずアイシングを行います。合わせて 手首や肘に関係する筋肉を狙ってストレッチを行います。

動作時に痛みが残る場合は テーピングやバンドで肘の外側を固定すると 痛みが軽減されます。