.


股関節とは 大腿骨(だいたいこつ)の上端にある骨頭(こっとう)と呼ばれる球状の部分が 骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)と呼ばれるソケットにはまり込むような形になっています。

“変形性股関節症”など骨の形状などに問題がない場合 痛みの原因の多くは 股関節に関わる筋肉が関係しています。

その筋肉に関連している神経が締め付けられていることが “痛み”“しびれ”“だるさ”などの神経症状を引き起こします。

股の痛みが出る場所はどんな場所?

主に股関節周囲の筋肉の緊張によって関連性のでる場所としては下記があげられます。
梨状筋:おしり・太ももやふくろはぎの痛み
大腿筋膜張筋:太ももの外側
腸腰筋:膝関節からふくろはぎにかけての内側
外閉鎖筋:膝関節内側上部の痛み
変形性股関節症:歩行時の痛み 股関節の可動域制限

これらの症状を放っておくと他の神経系に痛みを引き起こす可能性が出てくる為、早期の治療が必要となります。

股の痛みが発症しやすい方の生活習慣はありますか?
生活習慣というよりも野球・ゴルフのスイング、サッカーのキック、ランナーなどが股の痛みを発症しやすくなります。
痛みが発症すると多くのスポーツにおけるパフォーマンスの低下につながるのですが、あまり気づかれずそのままスポーツをされている肩が実は多いです。


股の痛みに対する当院の施術方法




神経を締め付けている筋肉の緊張を緩めていきます。骨盤や腰・股関節への対しJSA治療(※1)を行い 関節の働きを良くし姿勢や動作などからくる負担を軽減させます。

症状によって、はり灸治療を行います。
※1:関節の動きを良くする治療法です


股の痛みのセルフメンテナンス方法
各筋肉を狙ったストレッチをお勧めします。炎症がない場合はウォーキングなど適度な運動や 循環を良くするためにお風呂などでゆっくり温まり 心もリラックスされることをお勧めします。

患者さんの声

60代 女性
%e6%9c%a8%e6%9d%91-%e8%8b%b1%e5%ad%90%e2%91%a0
%e6%9c%a8%e6%9d%91-%e8%8b%b1%e5%ad%90%e2%91%a1