.


野球の投球動作を繰り返し行うことで 肩関節周囲にストレスがかかり 付着している筋肉や周りの組織などが微細な損傷を起こしたり 炎症を起こす症状です。投球動作時の痛みや肩をあげるなどの動きの可動域にも制限が出ます。



野球肩が発症しやすい方の野球のフォームなどはありますか?
リトルリーグ肩と呼ばれる障害で8~15歳の少年で過度に投球動作を繰り返すことによって、上腕骨(肩から肘までの骨)の成長線が離開してしまうものがあります。

“肩が動かしにくい”“手の長さが違う” などの成長障害にも繋がる可能性があります。
離開してしまった場合 投球は完全に禁止され完治まで1年以上かかることもあります。
こちらは 症状だけでは判断が難しいため整形等での画像診断を勧めます。


野球肩に対する当院の施術方法




投球時に負担がかかっている筋肉の緊張を緩め 肩関節だけの問題ではなく腰や肩・肩甲骨の働きを良くし 投球時に肩への負担を軽減させていきます。特に投球動作において 肩甲骨と上腕骨が連動して動くバランスは大切で付着している筋肉の状態もJSA治療(※1)によって良くしていきます。

基本的な投球動作時の注意点や 負担の少ないフォームのアドバイスもさせて頂きます。
症状によってはり灸治療を行います。
※1:関節の動きを良くする治療法です







野球肩のセルフメンテナンス方法
炎症がある場合は まずアイシングを行います。

合わせて 肩甲骨に関係する筋肉を狙ってストレッチを行い 腱板と言われるインナーマッスルの強化をしてもらうことで投球時にかかる負担を軽減することが出来ます。

患者さんの声

10代 高校生
%e5%8b%9d%e6%b5%a6-%e8%bc%9d%e4%ba%ba%e2%91%a0
%e5%8b%9d%e6%b5%a6-%e8%bc%9d%e4%ba%ba%e2%91%a1

10代 小学生
%e4%bf%9d%e5%9d%82-%e4%ba%ae%e5%a4%aa%e2%91%a0
%e4%bf%9d%e5%9d%82-%e4%ba%ae%e5%a4%aa%e2%91%a1