.



正しい体の使い方を知っておく1番のメリットはケガの予防に繋がるということです。間違った動作を繰り返し行うことで 負担がかかる関節や筋肉を痛めてしまいます。

しかし指導者や選手本人も それに気づいていないことがほとんどで 結局 何度も同じところを痛めて最悪の場合そのスポーツを辞めてしまうことになりかねません。

当院では院長がスポーツトレーナーの学校で野球を専門に勉強していましたので 野球での投球動作を得意としています。またバッティングも身体の使い方として共通したところはありますので参考になると思います。


動作分析・アドバイスの流れ




まずは パフォーマンスや身体の痛みや悩みをお聞きします。

その際に 動作からくる負担場所が検討できますのでそれに対しての 使い方であったり 強化のしかたであったりとアドバイスさせて頂きます。

希望があれば 実際に 動作を見ながらのアドバイスもさせて頂きます。




スポーツをしているお子さんがいらっしゃるご家族の方へ


スポーツをしている方の中でも小学生のお子さんは身体もまだまだ発育段階で 個人差も大きく出てしまうので 同じことを求めると体力的についていけないお子さんは必ずケガをしてしまいます。

中学生では成長期と重なることで 成長痛など生理的に痛みが生じてしまう時期でもあります。

高校生での部活動は連日で休みもなく 何時間にも及ぶ練習時間を強いられます。指導者の方も配慮はされていると思いますが 自分の身体は自分で守らなければいけません。

繰り返しになりますが間違った体の使い方は必ずケガに繋がります。

ケガをするということはその期間スポーツができないだけではなく、パフォーマンスも下がりやすくなり、そのケガの期間でスポーツの熱が冷めて離れてしまうということもあります。

逆に正しい動作を行うと身体の力も伝えやすくなりますので 野球ですと速く投げれたり 強い打球が打つことが出来たりします。

スポーツが上手くなっていくとどんどんのめり込めるようになりますが、その為のサポートとしても体の正しい使い方、動作分析を受けてみることをご家族の方からお子さんへ伝えてもらえると幸いです。