.

JSA(関節運動学的アプローチ)をおこなう滋賀県近江八幡市の鍼灸院が膝裏からふくろはぎが痛く膝が曲がらない患者さんへおこなった治療とは!!

こちらの患者さんは、腰の痛みと左の膝裏からふくろはぎがも痛く正座が全くできず

歩く時もしっかりと歩けなくて困っているとの事で来院されました。

もう、50年以上飲食やサービス業でお仕事をされてきたそうなので

ずいぶんと酷使はされてきたんだと思います。重い食材や荷物を運んだり、

長時間の立ち仕事をずっと続けてこられたので偏った負担もかなりあるなかで

加齢による筋力の低下で姿勢が崩れ、更に負担が大きくなってしまい症状として

出てきたんだと思いました。

初めの問診時にお話を聞いていて、1つ気になったのは “膝は全く痛くないんだけど

膝関節を曲げるとふくろはぎが痛い”ということでした。

歩いた時にふくろはぎが痛いのは、よくあることですが

曲げた時の痛みはどこからきているんだろ???

1つ考えたのは 普段の立っている姿勢が年齢も重ねられ

若干、前傾姿勢になってしまっているために、それを支えるお尻や

太ももの後面に負担がかかる。

そうなることで膝関節後面にある膝窩筋や半膜様筋が緊張し硬くなることで本来、

働きとしてある 膝関節を曲げる際に半月板などの軟部組織をコントロールする

ということが出来ず挟み込まれてしまってしまい痛みがでる。

そうなると膝をのばしても突っ張ってしまう為に膝も少し曲げた状態で使う為に

ふくろはぎにも負担が積み重なり 筋肉が硬くなり痛みがでた。

と仮定して治療を行いました。

触診していくと、大腿部の後面から側面やふくろはぎにもスパズムが強く、圧痛もありました。

筋肉の緊張が強いところには鍼治療も有効なので使うことも多いのですが、

鍼治療は苦手だということだったので、使いませんでした。

腰の状態も腰仙関節の動きが悪く、固まっていたので腰椎の椎間関節や

仙腸関節なども一緒に緩めていきました。

胸椎の椎間関節や肋椎関節の動きも硬かったので、この小さい身体で

ずいぶん無理をしながら頑張ってこられたんだなと感心していました。

関節の動きが良くなったところで、次は緊張が強い筋肉を緩めていきます。

神経に働きかける反回抑制アプローチを繰り返し行うことで、

少しづつ圧痛や可動域も改善されていきました。完全に脱力して貰い、

他動で膝を曲げると完全に曲げる事ができるようになり、

無理のない範囲で正座をして貰うと、すんなりと座れてしまいました。

こんなこともあるんですね!


本当にびっくりして喜んで頂けました。

もう一度だけでいいので正座をして座りたいと言っていたほどだただ、

完全に治った訳ではなく普段の日常生活の負担がこの状態を作ってしまっているので、

続けてケアをしていくことの大切さを理解して頂き、しっかりと通院されており、

歩くのも早く歩けるようになってきたと喜んでおられます。

まだまだ、お仕事も頑張って貰って苦痛のない日常生活を過ごして頂きたいです!!
磯谷 清①
磯谷 清②