.

ゴルフ肘でクラブが握れない患者さんにJSA(関節治療)も行う滋賀県 近江八幡市の鍼灸院が行った治療法とは!

こちらの男性は“よつばはりきゅう院”の前身の“さとう鍼灸院”からの患者さんです。

年齢よりもずっと若く見え、スポーツ万能でもゴルフやバレーボールをされています。
初めて来院された時は、肘の内側に痛みが出て整形外科や他の治療院も回られたそうですがなかなか
良くならず、好きなゴルフをすることも半ば諦めていたようです。

肘の動きだけでなく、手首や肩甲骨への負担も大きくでていたので、先ずは仙腸関節・腰仙関節を
はじめとする体幹の関節機能を改善していきました。
頸椎の動きも悪かったのですが少しずつ良くなり、肋椎関節の硬さが取れてくると症状にも
ずいぶんと変化が現れました。

プレーをしても痛みが繰り返すことがなくなり、力強いスイングも出来るようになり以前にもまして
ゴルフを楽しんで頂けるようになりました。

やはり、自分が好きだと思えることが出来るってことは、こんなにも表情も明るくなり生き生きと
するんだな!ということを教えて頂きました。

初診から早いもので4年になりますが、月に最低でも月に1回の来院は1度も欠かされたことはありません。
それだけ、ご自身の身体を大切にされている方でもあり任せて頂けてることは何よりのやりがいです!!

今後も宜しくお願い致します。


森下 誠治