.

グルペイン症候群!

サッカーをしている方でしたら耳にされたことがあるかもしれません!
グルペイン症候群とは他の競技と比べサッカー選手に多く見られ、
一度なると治りにくいのが特徴です。ランニングや起き上がり、
キック動作など腹部に力を入れたときに鼠径部やその周辺に痛みが生じます。

今日 来院された中学生の患者さんは この症状でボールを蹴ることが出来ません。
治療後は動作時の痛みは消えたものの 実際にボールを蹴るとなると心配です。
治療とセルフケアで 少しでも早くプレー復帰して貰いたいです!

セルフケアをより分かりやすいように 自撮りで資料を作ってみました(笑)
グルペイン症候群

グルペイン症候群②

グルペイン症候群③